2006年09月15日

予感:夫1

mori-head2-.jpg



「ねえ、ステキだと思わない。」

すべては、せつさんのこの一言からはじまったのです。

当時、川崎の自宅の20坪ほどの庭には、せつさんが植えた、

いいえ正しく言うとせつさんに命令されて僕が植えたオールドローズたちが

ところ狭しと100本くらいは植わっていたでしょうか。



ko1-1-.jpg



それは7年前の蒸し暑い夏の午後のことでした。

ずーっとテラスから庭を見下ろしていたせつさんは、

とつぜん振り返り、目をクリックリッ輝かせて、

冒頭の発言になったのです。

こういうときのせつさんは、おっかないです。

少しでも反論めいたことを言うと、室温が5度は下がります。

僕は心の動揺を見透かされないように注意深く、言葉を選びました。



ko1-2-.jpg



「えっ、どうしたの・・・」

せつさんは続けます。

「5000坪の土地に3000本のバラが、満開に咲いているの。」

もうだめです。こうなると、誰も止められません。

せつさんは、もうこの川崎の自宅にいません。

すでにせつさんが心の中で描いてる、

その5000坪のどこかの土地に行ってしまっています。

そういえば、ここのところせつさんは、庭を眺めてはため息をついて
いました。

「香水ビンをぶちまけたような、

むせ返るくらいのバラの香りに包まれるの。」

僕の背中は夏だというのに、冷や汗でじっとりと湿っていました。

この後の展開が手に取るようにわかるからです。



ko1-3o-.jpg



----------つづく----------




♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 21:30 | 千葉 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。