2009年08月24日

真夏のこの頃:せつ-30

mori-head2-.jpg


真夏は・・・、お花が・・・(T−T)

銀座から、村のふもとの商店街へ・・・。そんな気分なのです!

華やかでゴージャスな銀座から、夏が深まるにつれ人通りも少なくなって、
いつしかモンペと首にタオル・・・の感じに。
(無理に良く言えば、素のままのカントリーコテージガーデンですねT−T)

そんなお花の少ない真夏でも、フランスから来たバラたちは、けなげに咲いてくれて!

se-30-1.jpg

遠くに見えるのは、私が毎日出勤している・・「馬小屋」です(*^^*)

香りも強くて、フランス美人さんですね♪

se-30-2.jpg

ああ〜・・、どこかに咲いているお花はないかなぁ〜・・?と、
キョロキョロしてみると、

ああ〜! こんな木陰に・・・白とピンクのサルスベリのお花が♪

se-30-3.jpg

このサルスベリは、開墾時代に一番最初に「衝動植え」(!)をした、
思い出の木なのです・・・。

すっかり忘れておりましたが、あれから4年たって、
お花をこんなところで、ひっそりと咲かせていたんですね・・。(くすん)

se-30-4.jpg

で、ここで急にー! 閑話休題・・・なのですが、

さすらいのチロちゃんが、最近「母屋襲撃」!をするように・・・。
(なぜ急に・・・T−T)

こうして、イスの上から母屋の中を『ワニ目』でうかがうチロ・・。

se-30-5.jpg

中では、こんなマッタリとした風景が〜♪

だれきって、グダグダしている・・・ピピとモイちゃん。
(何度テーブルはダメよ!といっても、乗ってしまうのですT−T)

se-30-6.jpg

これでは、きびしい野外生活をしているチロちゃんが怒るのも・・・、なんだかわかる気が。

このほんの少し開けてある窓の網戸を、ポイッ!と両手ではずして、
この窓のすき間から、母屋へ襲撃〜! ・・・なのです(母:談)
(でも、網戸をはずせるなんて、器用ですね〜♪)

お花が極端に少なくなった、馬小屋近くでなんだか明るく咲いているのは・・・、

se-30-7.jpg

この元気な黄色いお花は、ふもとの民江さんが持ってきてくださったお花で、
お名前は・・・わからないのです・・。(すみません)

8月に入って、花瓶にさすお花にとても重宝しています!
(切っても切っても、どんどん枝分かれをして・・、お花を咲かせるのです♪)

わたしはひそかに・・、「メビウスの花」と呼んでおります。
(無限大・・・!)

se-30-8.jpg

そして、母屋のバルコニーの脇で、どんどん巨大化している「アフロ君」は、
今こんな感じです〜♪

モサモサのアフロヘアーが、こんなに無数のまだ緑の小さなローズヒップになって!

秋になると一面に真っ赤に色づいて、可愛いのです。

se-30-9.jpg

se-30-10.jpg

5月下旬には、こんな可憐な真っ白な野バラさんでしたね(*^^*)

このお花たちが、今や!みぃ〜んな緑色の実になって。

いつかこんなに沢山ローズヒップがあるのだから、干してローズヒップティに入れたり・・、
ローズヒップジャムを作ってみたいなぁ〜♪なんて・・・。
(今度こそ!!)

se-30-11.jpg

という真夏のパトロールのあと、母屋に戻るとー!!

se-30-12.jpg

モイちゃんが、ピンク色の舌を出して眠っていました・・・。とほほ。

(可愛すぎます・・・T−T)

つづく


♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 18:45 | 千葉 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。