2008年08月26日

馬小屋作戦(4):せつ-19

ついに〜! アメリカからはるばる海を越えて、『馬小屋キット』が届きました♪

その、想像を絶する大きさと量に、ぼ〜ぜん・・・とする、私たち。

そんな日々も、モイちゃんはのんきです。

se19-1+.jpg

塀の上にあがって、のんびりと庭のパトロールの業務についています。
(って、かなり手抜きでは・・。)

まず、柱を少し立てたところで、「建前」というものをすることになりました。

「棟上式」とも、言うそうですね。

母屋を建てたときはなにもしなかったので、ほんの形だけ・・にしました。

se19-2.jpg

私たちだけでは、いくらなんでも手の付けようがない・・(T−T)という事になり、
村のふもとの「棟梁」さんや松本さん、白石さんや平野さんにも、
手伝っていただけることになりました。

(ほんとうに、ありがとうございます・・・T−T)

se19-3.jpg

でも、しきたりをなにも知らない私たち・・。

「簡単でもいいけどよ〜、塩と酒とサカキは用意してよ〜。」
と言われたので、

さっそく張り切って、イギリスアンティークのお皿と、
カントリーなアンティークガラスボトルを用意いたしました(*^^*)

それをご覧になった、棟梁は、「なんだかなぁ〜・・。」と。

(確かに、なんだか合わない感じ・・・T−T)

se19-4.jpg

打ち合わせをされる、棟梁さんたち・・。

みなさんのお顔も、真剣です。

se19-5.jpg

この立ち枯れの木は、いつかランブラーローズを絡ませようと、
大切に残している木です。

馬小屋工事の邪魔になっている模様ですが、「死守」いたしました(*^^*)

se19-6.jpg

少しずつですが、だんだん前進していく馬小屋作戦。

そんなある日、ゴゴォ〜〜!!と言う、大きな音が!

家の中にいても、地面がゆれているのがわかります。

「地震ー!?」と、飛び出すと・・・・、

se19-7+.jpg

なんだかとんでもなく大きな、真っ赤なクレーン車が到着しておりましたー!

柱は重すぎて、人の手では持ち上げられないので、
助っ人さんとしてきてくれたのですね。

(それにしても、よくこんな山の中まで・・・・!)

真っ青な夏の空に、柱が一本、気持ちよく上がっていきました。

se19-8.jpg

つづく---


♪クリックで応援してくださいね♪




♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 18:34 | 千葉 ☔ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。