2008年08月09日

馬小屋作戦(2):夫-18

「馬小屋・・・。」

と、せつさんが僕の耳に、しつこくささやきます。

それは、2007年のお正月のことでした。

「馬小屋ー!!」と、再びせつさん。

「な、なんですかー? 馬小屋って。」

いきなり『馬小屋』といわれても、わけがわかりません。

家の裏(400m先のお隣サン)には、「牛小屋」があります。

ご近所(1km先の村)には「鶏小屋」もありますが、「馬小屋」は聞いたことがありません。

せつさんは、アメリカの馬小屋メーカーのホームページを指して、

「ステキだと思わない〜♪」と一言。

http://www.barnpros.com/index.html

この言葉がでると、とっても危ないのですー!

ko18-0-1.jpg

もうこの先の展開は、目に見えるようです・・。(T-T)

(この山奥に引っ越してくるときもそうでした。デジャブ・・。)

確かに馬小屋のホームページを見ると、ステキな馬小屋がたくさんあります。

すべてが組み立てキットで、お値段もすごく安い!

(後でそうでもないことがわかりましたが・・。ああ・・T-T)

写真もたくさん載っていて、これなら素人でもなんとかなるかなあ・・、
とすでに心の中でどういう段取りで建てようか・・、などど考えています。

いかんいかん! 

またまた、せつさんの作戦にはまってしまうところでした。

18-0-2.jpg

「さすがにこれを、アメリカから輸入するのは無理でしょうー。」と僕が言うと、

「だって、イギリスからドアや家具を輸入したじゃない!」と言います。

(この山の中に家を建てる時、「世界一安い建材!」を合言葉に、
 世界中からこまごまと、いろいろな部品や建材を直接輸入したのでした。)

それもそうかぁ・・・? と思っていると、

「この馬小屋が北の森にあったら、とってもステキだと思わない♪」
とせつさんは、そのホームページを次々とクリックします。

僕の性格のいちばんの弱点は、『暗示に弱い』ところです。

なんだかもう、北の森に馬小屋が建っている姿が、
心の中にできあがってきました。(T-T)

へえ、図面もあるんだあ〜♪

18-1++.jpg

18-2+.jpg

18-3+.jpg

せつさんがいつも、台所で「腰が痛い・・。」と言いながら、
撮影している姿を見るのも、しのびないです。

翌日、試しにこの会社にメールを出してみました。

すぐに感じのいいメールがきて、

「日本のお客様は初めてですが、日本に送るのはなんの問題もありません!
イタリアにも送ったことがありますから。」ということでした。

18-1-4+.jpg

さっそく、こうしたい!という図面を、せつさんといっしょに作って、
アメリカにメールで送りましたー!

すぐにまた、返事がきて「ノー・プロブレム!!」ということでしたので、
さっそくこれで進めよう〜♪と、二人で盛り上がりました。

せっかちな僕たちは、すでにもくもくと基礎工事を進めるのでした。

ko18-5+.jpg

ko18-6+.jpg

ほんとのことを言うと、

何を聞いても「ノー・プロブレム!」と言う返事に、
僕は正直、若干の不安を抱えていました・・・。

この不安は、後でものの見事に的中して、
これから半年の間、僕は人生で最大の難関に直面するのでした!!(T-T)

つづく


♪クリックで応援してくださいね♪




♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 13:00 | 千葉 ☀ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。