2008年02月17日

パーゴラ:夫-13

mori-head2-.jpg



トレビの泉」ができたばかりだというのに、
せつさんはまた庭を見て、ずーっと何かを考えています。(T-T)

こういうときのせつさんは、おっかないです。

きっと頭の中では、いろんなイメージが
ぐるぐるとまわっているのです。

トレビの泉から流れ落ちる、池ごしにみる庭は、
それなりに絵になってきていると思うのですが、
「なにか足りない・・・。」とつぶやいています。

「何か足りない」ということは、
「何かを足す」ということですよね。

ということは誰かが足すわけですよね・・・。

だいたいにおいて、こういうときの僕も寡黙になります。(--)

ko13_1.jpg

そんな沈黙を破って、せつさんが言いました。

「平面なのよね。庭が!」

僕の頭の中は「?????」です。

僕は心の中で、「庭って、平面でしょー!」と強く反論しました。

「もっと立体的にしなくてはいけないの。」
とせつさんは言いながら、
部屋の中にいってごそごそと何か探しています。

しばらくして「あった、あった。」といいながら、
写真を持ってきました。

イギリスのタットンパークに行ったときの写真でした。

その写真には、見事なパーゴラが写っています。

僕の心の中に、暗雲が立ち込めてきました・・。(T-T)
もう、この先、せつさんが何を言うか、
僕でなくてもおわかりですよね。

ko13_2.jpg

案の定、せつさんは事もなげに、
「これがこの庭にあったら、ステキだと思わないー?」

といわれても、そりゃあステキだと思うけどさ・・・。と心の中。

「じゃあ、お願いねー!」と言われても、どうすれば・・・。

ということで、僕も最近は要領がよくなって、
ふもとの松本さんと白石さんに、写真を見せると。

「このレンガの組み方は○○だな、
この木はこういうふうに乗せるのか。」とか、
いきなり専門的な話になっています。(作戦成功*^^*)

さて、例によって、せつさんがパーゴラを立てる地面に、
「ここと、ここと、ここ!」というふうに、
四角く絵を描いていきます。

我が家のガーデンづくりは
すっかりこのスタイルになってしまいました。(^^)

ko13-3.jpg

しかも、いつも僕が想像するより、はるかに大きいのです!

15mくらいはあるでしょうか。

いったい、材料、どうするの・・、とおもっていたら、
松本さんが、森林組合に勤めている親戚の人に頼んでくれて、
いい感じの丸太を、30本ばかり運んでくれました。
(それも、とってもお安く!)

レンガはいつものとおり、岐阜県にある日本でいちばん安い
アンティークレンガを調達!

さてさて、せつさんが地面に描いた場所に穴を掘って、
レンガで柱を立てていきますが、
けっこう深く掘らなければいけません。

我が家のチビッコユンボではどうも力が足りず、
おもわずひっくり返ってしまいました。(T-T)

そんなこんなを繰り返し、
ようやく我が家のバラ園に、パーゴラが完成!!

ko13_4.jpg

いつも思うのですが、せつさんは突拍子もないことを言いますが、
つくってみると、これが本当に昔からそこにあったように、
ぴったりとはまるんですね。(^^)

このパーゴラに何本ものつるバラがからまったら、
ほんとうにきれいでしょうね。

イギリスのタットンパークには、もちろん足元にも及びませんが、
ほんの少しは近づけたかなあ、なんて思いながらパーゴラを見ていたら、

巨大ネコのモイちゃんも僕の足元で、
パーゴラを見あげて「ギャ♪」とうれしそうに鳴き声をあげました。
(モイちゃんは、なぜかニャーと鳴けないんですT-T)

ko13_5.jpg

人気ブログランキング、今何位かな?

----------つづく----------


♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 12:05 | 千葉 ☀ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

トレビの泉:せつ-12

mori-head2-.jpg



池が完成してしばらくしてから、ふと思ったことは、

「池に水道のお水を入れるのは、ちょっと・・。」ということでした。

たとえば、池に静かにそそぎこむ小さな小川があるといいな。

その小川は、小さな泉からながれているといいな・・、ということです。

いつもお水が貯まっている場所があると、

ざぶん!と、バケツをつっこんで水をくむのにも便利だし、

手を洗ったり、庭道具をザブザブ洗えたらいいな・・と、

だんだんどうしても、泉と小川が絶対に必要に思えてきましたー!


se12-1.jpg

お水を循環するようにすれば、もう水道代にソワソワすることもありません。
(この段階では、電気代のことは都合良く忘れておりました*^^*)

さっそく夫に話すと、「・・・。」と、無言です。
(やっぱり・・。)

しばらくして、ため息と共に「またですか・・・。」とぽつりと。

なんだか雲行きが怪しくなってきましたので、
その日はそこまでにして、「リピート暗示作戦」に変更いたしました。

(要するに、しつこく言い続ける・・という、単純な作戦ですね。T−T)

10日もすると、夫はすっかり暗示のパワーによって、
「さぁー!泉と小川をつくるぞー!」と明るく言っておりました。

(作戦またしても、成功・・。)

場所は、春になると水仙の咲く、ガーデンの門の横の木立のところです。

いつか群生するといいなぁ・・と思って、ため込んでいた日本水仙を
木たちの根元に、ぱらぱらと植えてあります。


se12-2.jpg

でも節約のため、ここでも「ワリグリ」が大活躍してくれました。

深さがあって四角い泉のまわりに、がっちりとワリグリを積み上げました。

手前側には、疲れたときに腰掛けられるように、石のベンチも*^^*
(ささやかな、でっぱり・・ですが。)

泉の真ん中には、まあるい筒の形をした、
吹き出し口を水面よりも高くデザインしてみました♪

初めてお水を入れたときは、じわりじわり・・と、どこからともなく
お水がもってきて、ぜんぜん泉にお水が貯まりません。

「どこが、もってるのかなぁ・・?」と、あちこち探しては
その場所を何度も補強・・。

ついに、試運転(!)の日が来ましたー!

作業をいつしかリードしてくださった、ふもとの松本さんと白石さんも
見守ってくださっています。
(どきどき・・。)

ざざぁーと、筒からお水があふれ出てきました。

ドンドン泉にお水は貯まって、ちょろちょろと小川の溝を
池に向かって流れていきますー!

やったぁー! と、全員でにこにこ水の流れを見つめました*^^*


se12-3.jpg

「せっかくだから、この泉に名前を付けよう!」ということになり
 

夫の提案で、「トレビの泉」と決定しました♪

「でもなぜ、トレビの泉なのー?」と聞くと、

「だってトレビの泉って、みんながコインを投げ込むでしょ。
きっとここに小さな看板を立てて、トレビの泉って
書いておいたら、お客様がうっかりコインを投げ込むかもと思ってー!」
との明るい返事が・・・。

さっきまで、みんなでわいわい盛り上がっていた場が、
その一言で、シーン・・!となってしまいました・・。

(私も、シーン・・・T−T)





人気ブログランキング、今何位かな?



----------つづく----------




♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 18:49 | 千葉 ☀ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。