2007年10月29日

畑・Part2:せつ-10

mori-head2-.jpg



いよいよ、畑づくりに突入いたしましたー*^^*

野菜を作るのも、長年の夢でした!

「おいしい無農薬野菜を作って、ヘルシーでみずみずしいごちそうを

畑があれば毎日、作れるのに・・。」と

「ごちそう」を強調しながら、呪文のように言い続けたせいでしょうか、

いやいやだった夫も、いつの間にかなんだかのってきたようです。

(呪文作戦成功・・!)

バッコンがやっと終わって、動物よけの垣根もできました。

モサモサのてごわい笹の葉王国も、いつの間にかさっぱりとして

ふんわりとした、ごげ茶色の腐葉土でいっぱいになりました♪

畑の真ん中には、この日のためにずっと大切にかくまっていた(T−T)

「村長さん」を設置することにいたしました。

いつも畑を見守ってくれる予定の、たのもしい村長さんは

アンティークの陶器でできた「大きなガチョウ」さんです。

古レンガでまあるいお立ち台をつくって、座っていただきました♪

「ステキー!!」と、その勇姿にしばしうっとり・・。



se-10-1.jpg




そんな泥んこ作業を続けているうちに、いつのまにか季節は真夏に。

さあ! 次は、いよいよ畑の中の小道づくりです。

色々な野菜をたくさん「少しずつ」育ててみたかったので、

小さな区切りが必要ですね。

長年かけてひそかに集めた、野菜作りの本もどっさりです!

ふむふむ・・と眺めていると、野菜は「輪作」は禁物とのこと。

村長さんを中心にして、ぐるりと回して植えられるように考えました。

はじめは全部、古レンガの小道に! と考えていましたが

なんだか単調なので、半分をモルタルにして、小石で模様を描くことに♪

プルプルの濡れたモルタルの上に、まあるい小石を置いていきました。

最初は楽しくておしゃべりも弾みましたが、真夏の炎天下で

夫も私も、しだいに口をきかなくなり・・いつしか冷たい風が(T−T)

汗はポタポタ、腰はイタタタ・・だんだんなんだか哲学的な気分に。

小石は置いても置いても、長ーい道のりがはてしなく続いています

「これって、何かの修行でしょうか・・。」と夫がぽつりと。

(確かにこれは、過酷な何かの修行かも・・T−T)

最初の小道は小石がぎっしり♪なのに、どんどんスカスカに・・。




se-10-2.jpg




8月の終わり頃に、やっと長い道のりは終点に。

やれやれー!と、久しぶりの笑顔(と会話・・T−T)が戻ってきました。

何度も夫は、「小道の本数を少なくしたらどうですか・・?」と

さりげなく提案しては、却下され続けたので喜びもひとしおです*^^*

さて、何を植えようかなー♪ と、ウキウキです。

初心者なので、王道の「キュウリ&なす&にんじん」でしょうか。

あと、大好きな「ピーマン&トマト」も絶対に植えなくちゃー!と、

さっそく季節はずれの苗を、どっさりと買ってきました。

植え付けも終わって、久しぶりに山のふもとの探検に行きました。

ふもとに大きな直売所があったので、入ってみました。

するとそこは、ご近所の農家の方たちが、とれたて野菜を

わんさか持ち寄って売っているお店でした。

ぐるっと店内を回ってみると、なんと巨大な袋いっぱいのにんじんが、

たったの「300円!」で売っているではないですかー!

計算してみると、1本10円以下です。

その隣にも大きな袋に入った、なすやキュウリたちが100円。

ピーマンや大きなトマトたちも、信じられないほど超激安ー!!

「りっぱな野菜がこんなに安いなら、買った方がよかったのでは・・。」

「大ショックです!」と、夫がつぶやきました。

植え付ける前に、お野菜の価格リサーチに出かけるべきでした・・。

(私こそ、大ショックなのに・・・T−T)




se-10-3.jpg


----------つづく----------












♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 08:33 | 千葉 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

畑:夫-10

mori-head2-.jpg



せつさんが、ある日、

「庭もいいけど、畑もね・・。」

と、呪文のように僕の耳元でささやきました。(T-T)

「庭もいいけど、畑もね・・庭もいいけど、畑もね・・庭もいいけど、畑もね!」

(クリックリッ)

うう、・・・・・気が狂いそうだ・・・・。

それでなくても、この広大な庭をすでに

相当に持て余しているというのに・・・・・。

でも、幾度となく繰り返される、せつさんの悪魔のささやき攻撃に

耐えられなくなった僕は、

ある日、スコップを持って納屋の隣の空き地にたたずんでいました。

しかし、ここを畑にするには相当な抜根(ばっこん)が必要だなー、

とすでに頭の中ではもう畑のことを考えているのでした。

せつさんのサブリミナル攻撃は、かなり効きます。

ここに、塀をたてて、ここは入り口、まわりはレンガで囲ったほうがいいかなあ、

そうそうイノシシやウサギにも、注意しなくてはいけません。

し、しまった。すっかりせつさんのペースに・・・。(T-T)



kozo_10-1.jpg



まだ庭もほとんど手付かずといっていいくらいなのに、

ついに畑にも手を出してしまいました。(T-T)

まず、地面をなんどもなんども掘り返しました。

当然、ここにも篠竹が背丈ほどあって、絶対、畑なんかにさせないもんねえ、

とばかりにものすごく強力な根っこを張っています。

そんな抵抗勢力を、マイユンボで根こそぎ掘り起こします。

横20m、縦15mくらいの地面を、

これでもかというくらいに掘り起こして、

徹底的に根こそぎ取り除きました。(T-T)

それからまず、隣の土地の間に塀を作りました。

といってもジャパニーズになってしまわないよう、

デザインにも気を使って、洋風な畑に見えるような塀にしました。

間のクイは、枕木を大量に使い、コンクリで固めて、

動物たちが入ってこられないよう気を使いました。



kozo_10-2.jpg



せつさんの要望は、真ん中にせつさんお気に入りの

○○○さんを置きたいため、畑の真ん中を丸いサークルにして、

放射状に畑にしていくというものでした。

正直、イメージがつかめません・・。

でも、まあ、言われたとおりにやるしかありません。

なんせ、たび重なるサブリミナル攻撃で体が勝手に反応してしまうんです。

とにかく周りから固めることにして、

塀のあとは、畑への入り口です!

これも外国のガーデニング雑誌に載っていたものを参考に、

近所の人に手伝ってもらいました。

塀と入り口ができると、なんとなく畑らしくなってきました。

せつさんは、「畑って呼んじゃだめ!ポタジェって呼んで!」と命令します。

ポタジェって、何・・?

と思っていたら、ヨーロッパのガーデンなどでよく見かける、

畑なのだけれど、草花もたくさん植わっていて、

ガーデンのような畑を言うらしいです。

ふ〜ん、なんだかわからないけど、よさそうな気がしてきました。

(サブリミナル・・・)



kozo_10-3.jpg

----------つづく----------

♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 11:28 | 千葉 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。