2007年09月17日

垣根:せつ-9

mori-head2-.jpg


アンティークレンガの門が、ついにできましたー*^^*

これでやっと、どこから入ったらいいのかわかるように。

(今までは、どこからでも入れたのですね・・T−T)

「大満足ー!」と、ニコニコの日を過ごしているうちに

またまた、なんだか物足りなくなってきました・・・。

「今度は、なんですか!」と、夫の口調もいつしか詰問調に・・。

気が付かないふりをして、考えてみました*^^*

「あっそうかー!」と言っただけなのに、

夫の体は、ギクリ!と・・(T−T)

門と言えば、「垣根」ですよね♪

垣根があれば今度は「どこが、ガーデンか」わかります。

イノシシ君の進入も、これで少しは防げるかも・・。

次なる「泥んこ大作戦」は、「垣根」に決定ー!

(にいたしました・・*^^*)



se_9-1.jpg

ガーデンのぐるりを垣根にするのは、

体力的にも、金額的にも(・・。)とても無理なので

門に向かうガーデン側に、木を植えることにしました。

と、いっても50メートルくらいあります・・(T−T)

こんなに長いところに、何本の木が必要なんだろう・・。

考えると、何年分かのおこづかいが頭の中で

消滅しました・・(悲しい・・。)

そんなある日、お隣の(といっても200メートル先の)

かたが「植木屋さん」だと言うことを思い出しました!
 
(よかった、思い出して・・*^^*)

さっそくご相談に行くと、

「自分で掘っていくのなら、いくらでもいいよー。」

と、おっしゃってくださるではありませんかー!

しかも、「何本でも好きな数いいよー。」とまで!

急に目の前が明るくなってきました。

その方は、私たちの住んでいる土地の元地主さんでもあり

お持ちの敷地はなんと、4万坪!です。

その広ーい土地で、沢山の植木を育てていらっしゃいます。

なのでよく、「オタクはそんなに広くないから

雑草取りも楽でしょう!」と・・・。

なんだか、けた外れの豪快な会話に

最初はクラクラ・・でした。



se_9-2.jpg




お言葉に甘えて、とってもお安く「マキの木」を

大量に分けていただきました。

2年以上は、太い竹にしっかりとシュロ縄で

結んでいた方が良いとも、教えてくださいました。

ユンボで穴を掘って、1本ずつ植えていきました。

やってみると、やっぱり2人ではとても無理なので、

ふもとの方にも、お手伝いしていただきました。

このとき、ステキな方々との出会いがありました♪

65才ですが、元ボディビルダーチャンピオンのかたと、

70才を越していらっしゃいますが、元レスリングの

コーチ(!)の、マッチョなシニアのお2人に

出会ったのです*^^*

大きなマキの木の土付の根っこを、軽々と持ち上げて

どんどん穴に入れていってくださいます。

(すごーい!力持ちですねー!)

夫いわく「あんなに大きな根っこだと、100キロ

近くの重さがあるのでは・・!」とのことでした。

(100キロ・・・!!)

夫は、1つも持ち上げることができないまま

いつの間にか、お二人の「アシスタント」として

働いておりました・・(T−T)

(力の世界・・・。)

こうしてやっと、緑の垣根ができたのです*^^*



se-9-3.jpg


----------つづく----------

♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 10:13 | 千葉 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。