2007年06月08日

初植え:せつ-7

mori-head2-.jpg


何度も何度も机の上に紙を広げては、何も書けない日々がすぎていきます。

やっと長い間かかった、過酷な開墾が終わって「さあ!」となったのに
ガーデンのデザインができないのです・・。

今まで住んでいた住宅街の庭では、(歩くと8歩くらいの大きさ♪)
ここをこうしよう、ああしようと、
どんどん植裁のアイデアが浮かんできていたのに・・(T_T)

悩みに悩んで、久しぶりにターシャ・テューダーさんの写真集を開きました。

そうしたら、ぱぁー♪と、目の前が明るくなりました!

ターシャさんは「好きなところに、好きな花を植えていっただけよ。」
と、おっしゃっているではありませんかー!

「紙の上で、デザインするのは好きじゃないの。」ともー!

「これこれ!」と、すっかり心は明るくなりました。(単純・・T_T)



setsu7-1-.jpg



まず、ガーデンの小道がないと、ぼーっとしてしまうので、
小道づくりをしました。

大きなブルトーザーとユンボで、小道が(とりあえず・・)完成です。

ガーデンを実際に歩いてみながら、決めたことは
「まっすぐな道はつくらないでおこう。」ということです。

くねくねとした道を歩いていると、角を曲がるたびに新しい風景が♪

たしかイギリスのオープンガーデンのイエローブックにも、
「40分間楽しめる庭」が、審査基準・・とありましたよね。

まっすぐの道や平らなガーデンは、すぐに全てが見渡せてしまって
40分も持たないかも・・・。
(いつの間にか、イエローブックに載るつもりに・・すみません)

そうしてできた小道は、くねくねデザインになりました。*^^*



setus7-2-.jpg


小道ができると、もうバラを植えたくて仕方なくなりました。

でも春がもう来てしまいそうなので、
今年はほんの少ししか、植えられそうもありません。

でもこだわりの「強香」のバラたちを、少しだけ植えてみました。

驚いたのは、山の中だったせいか、土地柄なのか、
掘っても掘っても小石が一つもありません。

以前住んでいたところは、ちょっと掘ると、
石やコンクリートの破片がごろごろ出てきて(T_T)大変でした。
(しかも、かちかちの粘土質・・。)

長い長い間に、枯葉たちが腐葉土になってしまったのでしょうか・・。

夢のような、土質です・・。(感激・・!)

お隣の牧場からタダでいただいてきた、牛フンも混ぜてみました。
(お隣が牛たちの牧場・・というところも夢のようですね*^^*)

このあたりはトラックがあれば、牛フンや鶏フンを
タダで下さるところがいくつかあると、あとで知りました!
(またまた、夢のよう・・・。)

そんな、春ぎりぎりに植えたいくつかのバラたちが、
一番の古株として、今年の6月にもきれいに咲いてくれました。

さあ、これからです!




setsu7-3--.jpg



----------つづく----------

♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 18:22 | 千葉 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。