2007年04月13日

ユンボ:夫-7

mori-head2-.jpg


この土地で迎える2度目の春が訪れました。

開墾も終わって広々とした大地を前にして、
ここにどんなガーデンができるのかなあ、と僕もわくわくしてきました。

真っ白なカンバスを前にした画家のような気分といったらいいでしょうか。
・・・なあんちゃって。(^○^)

ふととなりを見るとせつさんが焦点の定まらない目でぼーっと、土地をみています。

目の前に手のひらをひらひらとかざすと、ふっと我に帰って、
「晩ご飯、どうする」とわけのわからないことを口走っています。(T-T)



ko7-1-.jpg


あれほど苦労して開墾した土地を前にして、
しばし放心状態といったところでしょうか。

「ここにすばらしいバラ園をつくるのではないですか。」
僕が厳しく問いつめると、せつさんの口元がキューっと曲がっていきます。
どうやら追いつめられているようです。

昔からそうなんですが、自分で言い始めておいて、
いざそれが現実になろうとすると、
そこから逃避したいというところがあるんですね。(- -)

「いったいどうするんですか。」となおも厳しく問いつめると、
「ユンボ。」とつぶやきます。「えっ」と聞き返すと、
大きな声で「ユンボ!いますぐ!」と叫びました。

ユンボでいったいどうするんだろうと思いながら、
近所で評判のユンボ名人の錦織さんにお願いしました。



ko7-2-.jpg


その日、錦織さんが愛車のユンボといっしょにやってきました。

せつさんは、なんと、錦織さんが運転する一人乗りのユンボのおしりに乗っかって、
右に左にとなにやら指示しています。

錦織さんはなんといってもユンボでてんぷらをあげられるほどの名人ですから、
せつさんの無理難題をなんなくこなしていきます。

半日ほどたって、ユンボからおりると、せつさんは、
「ま、こんなものかなあ。」と、手をぱんぱんとたたいています。

見ると、くねくねとした道がたくさんできているではありませんか。
なるほど、これがガーデンの中の道なんだ。(^^)

不思議なもので、道らしきものができあがると、
僕の心の中に満開に咲き誇るバラが見えてきました。



ko7-3-.jpg


----------つづく----------

♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 20:09 | 千葉 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

納屋ライフ:せつ-6

mori-head2-.jpg


あこがれの「大きな納屋」が完成して、うれしくてうれしくて・・。

少しでも時間があると、いつも納屋にいるようになってしまいました。

納屋の中の机も棚も窓枠もテーブルも、みーんなアンティークです。*^^*

まずは、今後の色々な作業を考えて、イギリスで買ってきた
巨大なテーブルを、どーんと置きました!

テーブル全体は、大好きなディープなカントリーものです♪

そういえば、このテーブルと初めて出会った時のことが昨日のように。

イギリスのアンティークドアの工房におじゃました時に、
山ほどのドアたちを乗せて、「台」としてがんばっていました。

このざらざらな手触りと、沢山のシミたち、長い時で浄化されたようなお色、
武骨ながっしりとした作りに、すっかり一目惚れ・・!

工房の方に、「これ下さい!」と言ってみたら、

「ええっー!これー?」とみなさま何故か大きく驚いていらっしゃいました。
(その横で夫も「ええっー!」と、どさくさに紛れて反対表明・・T−T)

そんな、がんばりやの巨大な「台」が、今は私の納屋に・・。

しみじみうれしくて、ぼーっとテーブルを眺めているだけでも
あっという間に時間がたってしまうのです・・*^^*



se6-1-.jpg


そんなうっとり、ぼーっとした時間が又うれしくて、ますます足は納屋に。

夫からは「せつさん、納屋に何か高級なお菓子を隠していますね?」と
疑われる始末・・・。
(高級なお菓子って・・T−T)

そんな納屋ライフを楽しんでいたある日、
そういえば「堆肥を作らねば!」と思いつきました。

バラたちを今後植えるために、絶対に必要ですよね。

これからの長い、造園作業のための「砂利や砂の資材置き場」も。

コンクリートブロックは、できるだけ使いたくなかったのですが、
納屋の横の見えづらい所だし、コンクリートブロックはお安いので
資材置き場だけはこっそり妥協・・*^^*

堆肥置き場は、堆肥の切り返しも考えて3層構造に。

板で壁を作って、高さを調節できるようにしました♪



se6-2-.jpg


納屋ライフにもなれた頃、なんだか落ち着かない気持ちに・・。

窓もドアも閉めているのに、どこからか風がひゅーひゅー入ってきます。

電気もつけていないのに、どこからか沢山の光がー!
(天使光臨・・・?)

きょろきょろしていると、ふと壁に目が留まりました。

材木の板を1枚張っただけの大きな壁は、
沢山のまあるい「節穴」だらけだったのです。

昼間は風と光が、夜にはお星様がー!
(言葉にすると、ロマンティック・・T−T)

冬になると、それはそれは寒くて、吐く息も真っ白で
「シベリア納屋」とあとであだ名がつきました・・。

「でも、タダなんだし・・。」と、自分に言い聞かせると
優しい気持ちに・・*^^*

そんなふうにして、私のあこがれの納屋ライフは始まったのです。



se6-3-.jpg


----------つづく----------

♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 22:59 | 千葉 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。