2007年03月16日

テントから小屋へ:夫-6

mori-head2-.jpg


話は、少し前後してしまいますが、
あれほど探していたのに、みつからなかったテントの写真が一枚だけみつかりました!

こんなテントで暮らしていたのね・・、しみじみしてしまいました。

この歳にして、よくもまあ、こんな生活をしてもんだ・・と、
我ながらあきれかえりました。

さらには、小屋での生活を記録した写真も何枚かみつかったので、
今日は少し戻って、その当時のお話をしますね。



ko6-1-.jpg


テント暮らしの最大の敵はカラスでした。

食事や休憩は、外のテーブルでとるしかないので、
うっかりしてパンやお菓子、飲み物などをおいていたら、
すっかりカラスに荒らされてしまいます。(T−T)

さらにギョッとしたのは、夜、テントで寝ていると、
外でなにやらごそごそと物音が・・・。

勇気を奮って外に出ると、野犬が3匹。

・・・ところが、野犬といっても、ビーグル犬のブーちゃんといっしょで、
とっても、ひとなつっこいのです。(^^)

山の中から3匹出てきた時は驚きましたが、
みんなしっぽをぴんとたてて、にこにこしているではありませんか。

やはり、猟犬が迷子になって野犬になってしまったんですね。



ko6-2-.jpg


小屋の暮らしは、テント暮らしに比べるとそれは快適で、天国のようでした。

まず、ベッドに寝られること。(といっても簡易ベッドですが・・・)
小屋の中は、小さいストーブもいれたので、暖かくて幸せでした。(^^)

食事も、土鍋でご飯を炊いたり、魚を焼いたりと、ずいぶんグレードアップしました。

なによりも、こんな小屋でせつさんと二人で寝ていると、
なんだか昔に戻ったようで、なんともほろ苦い気持ちでした。

こういう生活も悪くないな、このままずーっと続けてもいいかも。
なんて、思っていたのは、僕だけだったのでしょうか。

思えば、せつさんは若い頃から夢ばかり追いかけていました。

そんなせつさんを、僕は追いかけているのかもしれません。



ko6-3-.jpg


----------つづく----------

♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 20:50 | 千葉 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。