2007年02月16日

ヒミツの夢:せつ-5

mori-head2-.jpg


家の基礎ができてきて、大工さんたちとも仲良く・・♪

街のウイークリーアパートから、山の中の家の工事現場までは
車で30分ほどですので、週末はいつも現場に出かけていました。

ある日、現場のわきに大量の木材が・・・!

大工さんにお聞きすると、ちょっと寸法が違っていて使えないので
材木屋さんに返却しようとしたら、運送費の方が高くなるので
いらないから・・(T−T)といわれたとのこと。

むくむくむく・・・♪ 胸の中で、何かが大きくなってきました。

ジャン・・ジャン♪と、小さなシンバルも鳴り始めました。



se5-1-.jpg


実は、バラが大好きになってから、
ターシャ・テューダーさんにあこがれて、いつか彼女のような
大きな納屋がもてたらなぁ・・・!と、
心密かに思っていたのです。

この木材は、神様がそんな私にくださったプレゼントかも・・。

しかも、「ただ」だし・・・。

そして仲良しの大工さんに「納屋を建ててくれる気がありますか?」
と、思い切ってお聞きしてみました。

大工さんは考えるまもなく「ないよ!」とのこと。
(そ、そんな、あっさりと・・。即決・・。)

神様からのプレゼントじゃなかったのかも・・・(T−T)

家の方の作業がいろいろと遅れているので、無理とのことでした。

でもここであきらめてしまったら、この「ただの木材」がかわいそう・・。
(「神様からのプレゼント」なんだし・・・*^^*)

いつになってもいいので、建ててほしいのです・・と
何度もお願いしたところ、やるなら一緒に建ててしまった方がいいとのことに。

ジャァーン!!♪ と、心の中のシンバルは、
高らかに鳴り響きましたー!(*^^*)



se5-2-.jpg


こうして、夢の納屋が建つことになったのです。

大工さんからは、「その代わり、一緒に働くこと!」と条件が。

体を動かすこと(だけ・・?)が、得意の体育会系の夫婦ですから
もちろん了解!です。

私が、夢の納屋の設計図を書いて(素朴なスケッチなのですが・・)
細々とした、できる限りのお手伝いを。

夫は、納屋の床のレンガ敷きに、汗をかきました。

夫のレンガは、なぜかうねうねとしてしまうので、
左官屋さんから、びしびしご指導(!)いただいておりました。

納屋があれば、ガーデングッズをきちんとしまっておけるし、
バラのことをかんがえたり・・・*^^*

いつか、挿し木や接ぎ木も・・!と、夢はどんどんふくらみます。

そして、いつかはターシャさんのように「山羊も・・♪」と
夢はますます、暴走を始めております。



se5-3-.jpg


----------つづく----------




♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 22:44 | 千葉 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。