2006年09月08日

夜明け前・・・

mori-head2-.jpg



皆さまこんにちわ。

毎週末の新企画(*^^*)/として、房総半島の山の中に土地を買って

夫婦で荒地を開墾し、夢のバラ園をつくろう!・・・という、

壮大な(無茶な?T−T)夢を始めてしまった私たちの

小さなお話を『森の生活通信』として、お送りさせていただきます・・Σ^)/

どうぞよろしくお願いいたします。

♪♪♪♪♪♪♪♪



se1-1-.jpg



「明けない夜はない!」「頂上の前が一番急な坂!」などなど・・・。

ちびまる子ちゃんのおじいさんの、「心の俳句」ではありませんが、

当時の私の心の支えの言葉でした(T−T)

おかげさまで、1年がかりの家族への説得も終わり(根負け・・?)、

やっと広〜い土地を探しに出かけることに。

思えば「私たちって、都会派なのよねぇ〜!」という、

母と夫チームをあの手この手で説得いたしました。

(母には、山の空気はお肌にも長生きにも効くのよ〜! 

ゴルフ好きの夫には、房総半島はゴルフ場がわんさかよ〜!と、

繰り返し繰り返しおんなじことを話しました。サブミリナル効果・・?)

やっとある日2人の、「どこに住んでも、いい気がしてきちゃった・・。」

という発言を、ゲット!(ぱちぱちぱち・・・*^^*)



se1-2-.jpg


バラの咲く時期に雨が少なくて、日照時間も長い場所。

できれば雪も積もらず、最低気温はー2度くらいまでのところ。

お水をほとんどあげられないと思うので、成長期に雨がたくさん降るところ・・・。

今の家を売って買える金額で、とんでもなく広いところ・・

(すみません。わがままですね・・)。

もう、希望の土地の条件は挙げていたら本当にきりがないですね・・・*^^*

大好きな園芸雑誌の「ビズ」に載っていた、

「ブランドのない土地を求めて」特集の

房総半島に、ふと目が留まりました!

「南房総」という言葉も暖かそうだし、ノーブランドなのでお安そうな気が・・*^^*

それからというもの、週末ごとに房総半島を、何週も何週もぐるぐる回りました。

最初は、そんな条件に合う土地はもちろんなくて、

広めの別荘地でもびっくりのお値段です。

何度もしょんぼり、とぼとぼと帰りました・・(T−T)



se1-3-.jpg


--------つづく---------




♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 12:21 | 千葉 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。