2006年09月29日

開墾:夫-2

mori-head2-.jpg



僕の不安は的中して、毎週末、房総半島へ泊りがけで土地を探しにきました。

その間、およそ一年。32個の土地を見せていただきました。

その頃には、もうすっかり房総半島の不動産屋さんに名が知れ渡っていて、

おかしな夫婦がバラ園用地を探していると、噂になっていました。(T−T)

いつものように、自宅で週末の土地探しの準備をしていたら、

カタカタと一通のFAXが、夷隅の不動産屋さんから届きました。

その資料は、ゴルフ場のクラブハウスに行く途中の土地でした。

3000坪はあります。しかもゴルフ場のフェアウエイのまん前!!

僕がすっかりその気になって、せつさんをときふせて

その週末に見に行ったのです。

とてもすばらしい土地でしたので、さっそく法務局に調べに行ったところ・・・。



ko2-1-----.jpg



せつさんと僕は謄本をみてもなにがなんだかわからず、

なんだろうね、と思案していたら、職員の人が通りかかって、

「ああこれね、5億円の根抵当権がついてますね。」とさらっと一言。

「ご、五億円!!!」

ふたりで絶句してしまいました。

その不動産屋さんを厳しく問い詰めると、ひたすら謝って、

それではとっておきをご紹介します。ということになりました。



ko2-2----.jpg



それでその土地に連れて行かれたところ、

いつもは大はしゃぎのせつさんがなぜか静かに

「ここしかない・・・」とつぶやいたのでした。(−_−)

その土地は、本当に手付かずの大きな木が

うっそうと茂っている森と植木畑に囲まれた土地でした。

家や建物などもいっさい見渡す限り見えません。

それからは、地元の人にユンボを借りて、毎週末こんどは開墾の日々です。

もちろん、法務局でもしっかり調べました。

週末、テントを張っては泊りがけの開墾。

こうして人生でもっとも過酷で

もっとも充実した夏が始まったのでした。(T−T



ko2-3--.jpg


----------つづく----------

♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 13:51 | 千葉 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

別天地へ:せつ-2

mori-head2-.jpg




川崎の住んでいた自宅を、週末だけオープンハウスにしました。

新しく土地を買うためには、自宅が売れなくては買えません。(T−T)

母と夫と私は、週末は自宅にいられないので、週末だけ家族は解散!です。

母は、大好きなショッピングや健康センターのお風呂へ。

私たちは土地探しへと、毎週出かけました。

房総半島といっても、千葉県は北海道に次ぐひろーい県なんですね。

(知りませんでした・・)

雨が降っても、風が強くても、雪が降っても、週末は房総半島です!

だんだんと、田舎暮らしの不動産屋さんとも

何人かの親しい方ができて

次々と、新しい土地をお知らせくださいます♪



se2-1-----.jpg



ある日、海辺のものすごーく広い土地につれて行っていただきました。

道も舗装路されているし、フェンス付の大きな門まであります。

土地のすぐ下は美しい海!ステキ〜!と、ついその気に。

(バラには、海に近すぎて塩害が心配なのに・・)

おいくらですか〜?とお聞きすると、「10億円!」とのこと。

すみませんちょっと、立ちくらみが・・・(T−T)

きちんと予算をお話していなかったからですね。(反省・・。)

もちろんきちんと予算をお話したら、

二度とそんなリッチな土地には連れて行ってくれませんでした。

(でも目の保養ができて、ちょっぴりうれしかったです*^^*)



se2-2-----.jpg



あるときは、手彫りのトンネルが何個も何個も続いている超山奥へ!

手彫りのトンネルって、時代劇の中のトンネルのよう・・。すごいです。

で、やっと着いたところが、山のてっぺんの土地。

目の下に山々の峰が見えていて、雲がかかって美しい・・!

まるで、仙人の住むところのようです。(*^^*)/

土地はほとんどが急な山肌で、エクササイズの日々になりそう・・。

もちろんご近所さんは一軒もありません。

郵便やさんも、毎日は来てくれないかも・・。

「ご希望の土地は?」と聞かれて、「別天地!」と

お答えしたからでしょうか・・、

確かに、ものすご〜い、別天地感ですね。(どきどき・・)



se2-3-----.jpg


----------つづく----------

♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 21:45 | 千葉 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

予感:夫1

mori-head2-.jpg



「ねえ、ステキだと思わない。」

すべては、せつさんのこの一言からはじまったのです。

当時、川崎の自宅の20坪ほどの庭には、せつさんが植えた、

いいえ正しく言うとせつさんに命令されて僕が植えたオールドローズたちが

ところ狭しと100本くらいは植わっていたでしょうか。



ko1-1-.jpg



それは7年前の蒸し暑い夏の午後のことでした。

ずーっとテラスから庭を見下ろしていたせつさんは、

とつぜん振り返り、目をクリックリッ輝かせて、

冒頭の発言になったのです。

こういうときのせつさんは、おっかないです。

少しでも反論めいたことを言うと、室温が5度は下がります。

僕は心の動揺を見透かされないように注意深く、言葉を選びました。



ko1-2-.jpg



「えっ、どうしたの・・・」

せつさんは続けます。

「5000坪の土地に3000本のバラが、満開に咲いているの。」

もうだめです。こうなると、誰も止められません。

せつさんは、もうこの川崎の自宅にいません。

すでにせつさんが心の中で描いてる、

その5000坪のどこかの土地に行ってしまっています。

そういえば、ここのところせつさんは、庭を眺めてはため息をついて
いました。

「香水ビンをぶちまけたような、

むせ返るくらいのバラの香りに包まれるの。」

僕の背中は夏だというのに、冷や汗でじっとりと湿っていました。

この後の展開が手に取るようにわかるからです。



ko1-3o-.jpg



----------つづく----------

♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 21:30 | 千葉 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。